葛飾区で安全にインプラント治療が受けられる歯医者

0336029000

【診療時間】 09:30~12:30
14:30~18:00
【 休 診 日 】 木曜、日曜、祝日

義歯・インプラント


義歯・入れ歯について

義歯(入れ歯)にも様々な種類があります。当院では機能性、審美性、耐久性といった様々な側面から、個々のケースに応じて最適な入れ歯を提案し、作製しております。金属床義歯、磁性アタッチメント義歯、ノンクラスプ義歯、シリコーン義歯なども取り扱っています。自分の身体の一部のように使って頂けるよう、丁寧な製作と調整に力を入れております。

取扱い義歯

下記以外にも、保険の義歯も取り扱っております。ご予算に応じてご案内させていただきますので、お気軽にご相談ください。

金属床義歯
金属床義歯金属床義歯

入れ歯の骨格となる部分を金属で作製する義歯です。強度や耐久性に優れ、また床を薄くすることができるので、違和感も少なく食事がおいしくいただけます。部分入れ歯、総入れ歯どちらにも対応できます。使用する金属はアレルギーになりにくく、変色もないコバルトクロム合金やチタン合金を使用します。

磁性アタッチメント義歯
磁性アタッチメント義歯磁性アタッチメント義歯

入れ歯の固定に磁石を使う入れ歯です。バネの代わりに使用することで見た目もすっきりとした入れ歯に作製することが可能です。磁石を固定する歯の根があれば作製可能です。複数使用することで固定力が増し、咬む力がしっかりと伝わります。

ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯ノンクラスプ義歯

入れ歯を固定する金具がない、新しいタイプの部分入れ歯です。金属の金具の代わりに弾性のある歯肉色の樹脂で固定するため、前歯にかけても目立ちません。金属床と組み合わせることも可能で、耐久性と審美性を兼ね備えた部分入れ歯になります。

ノンクラスプ義歯の実物写真はこちらをクリックするとご確認いただけます

治療例
  • クラスプ義歯
  • arrowarrow
  • ノンクラスプ義歯

保険のクラスプ義歯(留め具が金属でできている義歯)からノンクラスプ義歯に変更された方の写真です。クラスプ義歯に比べ、ノンクラスプ義歯は目立ちにくく、審美性に優れていることが分かります。

シリコーン義歯
シリコーン義歯シリコーン義歯

粘膜に当たる部分にシリコーンを使用した入れ歯です。粘膜に接する面が柔らかいので、粘膜の薄くなった方や、骨の出っ張りがあり、通常の総入れ歯ではどうしても痛みが出たり、安定が悪い場合などに適しています。今使用している入れ歯をシリコーン義歯に改修できる場合もあります。

  • 料金案内
  • アクセス

インプラントについて

インプラントとは、歯を失った骨の部分に人工歯根を埋め込んで咬み合わせを回復する方法です。

少数の歯を失った場合、今まではブリッジが一般的でしたが、健康な隣の歯まで削る必要がありました。さらに、ブリッジが出来ないときは、取り外し型の入れ歯になりますが、固定するバネや支える床の大きさにより、違和感を覚えたり、審美性が損なわれることがありました。

インプラントは、チタン製の人工歯根を正常な歯と同じようにあごの骨に直接埋め込むので、自分の歯と変わらない自然な歯を入れることができます。また、噛む力を直接あごの骨で受けるため、噛む力が強く、機能的にも優れています。

当院では世界的にも広く使われているStraumannインプラント(ITIシステム) を採用しています。

インプラント治療の流れ

問診・相談
問診・相談

まずはどのような症状なのかを簡単に把握し、患者様のご要望をお伺いします。インプラントをご希望の方、入れ歯と迷われている方など様々だと思います。インプラントのメリット・デメリットもきちんとお伝えして、患者様が納得いくまで話し合います。

検査・診断
検査・診断

歯科用CTによる診断を行います。3D画像による診断で、骨の密度や厚さ、神経や血管の位置まで正確に把握します。その上で、インプラント治療が可能かどうか、可能であればどのような治療計画になるのかを総合的に診断します。

治療計画の説明
治療計画の説明

診断結果を踏まえた上で、治療計画をお伝えします。できるだけ丁寧に、専門用語を使わないように心がけながら説明いたします。

手術

手術は症例により、1回の場合と2回の場合があります。1回目の手術でインプラントを骨に埋入します。インプラントの埋入後は通常一定の治癒期間を設け、骨にしっかりと付くまで待ちます。2回法の場合は一度歯肉を開いて粘膜の状態を整えます。

上部構造の制作

その後、上部構造(被せる部分)を制作します。咬み合わせや形態など細かく調整して精密に作製します。

メンテナンス

インプラントには歯周組織がなく、骨に直接結合しているため、生体の持っている防護機構が働きません。管理を怠ると歯肉や骨の炎症が起こります。また、わずかな噛み合わせのずれでも大きな影響が出ることもあります。そのため、定期的なチェックとメンテナンスは不可欠です。インプラントを良好に保ち、少しでも長く使えるように専門的なクリーニングを続けましょう。

治療例
  • インプラント治療前
  • arrowarrow
  • インプラント治療後

インプラント治療を行った方の写真です。見た目には、インプラントだということがほとんど分かりません。

  • 料金案内
  • アクセス

ページトップへ戻る